古川 悠晟(ふるかわ ゆうせい)

入園中は先生方をどれだけ困らせたことでしょう。柔軟はできない、読み書きも苦手。どれをとっても駄目。それなのに努力しない・・・。
そんな悠晟も何故かレスリングでは負けず嫌いを発揮。負けて大泣きをしたことも沢山ありました。

卒園して、園での3年間で培った「教え」を何かスポーツを通して伸ばしてくれたらいいな・・・と、卓球のクラブチームに入りました。
練習時間が5時間を超える日もありましたが、県の代表になって、大きな大会に行き、友達も沢山できました。
そこでも嬉し涙、悔し涙を沢山流しました。
時には、高千穂を訪れ、園児達に一生懸命、本気を注入してもらいました。
中学生になり、地元を離れ、寮生活になっても、目標を持ち、毎日勉強、技術力、精神力を養っています。







桐野 蓮大(きりの れんと)

卓球との出会いは高千穂年長時の夏。
既に卓球をやっている卒園生に薦められたのがきっかけでした。
始めた頃は、上級生しかいなくて、半年間は試合に出ても勝つことができませんでした。
それでも、高千穂で培った「全力」「やる気」「諦めない心」で最後まで頑張り続けていました。
勝ちたい思いを持って、日々の練習を頑張りました。
初めて1勝してからは、更にやる気が出てきて、もっともっと上を目指そうと練習し、毎年全国大会に出場するまでになりました。
その結果、小学4年生の時に九州大会で優勝し、全国大会はベスト8に入賞することができました。
これからも、更に全国の上位を目指して練習に励んでいきます。





岩切 景優(いわきり けいゆう)

東京オリンピック2020 パナソニックCM ビューティフルジャパン(鹿児島)にも出演

H19年 大和学園 高千穂幼稚園入園(3年保育)
H22年 霧島市立 高千穂小学校入学

乗馬との出会いは小学校3年生(H24年)の夏でした。その年の秋に〝霧島高原乗馬クラブ〟で指導して下さる憧れのコーチが岐阜国体の馬術競技で優勝し、それがきっかけとなり、愛馬ピカチュウとともに競技にも参加するようになりました。

「楽しい!」から始めた乗馬でしたが、最初のうちは馬から馬鹿にされ何度も落とされました。痛くて悔しくて何度も「やめたい!」と思いましたが、高千穂幼稚園の「読み・書き・計算・体操」で培った“あきらめない心”そして理事長から教わった“克己の精神”をバネに、H27年の熊本県の大会では大人とともに出場し、見事優勝することが出来ました。

将来は競馬のジョッキーを目指していますが、とても難しいと聞いています。夢の実現に向かって、これからは全日本の競技や、2020年の鹿児島国体で優勝できるよう毎日練習を重ねていきます!







 


HOME><ようこそ!><高千穂っ子><一日の流れ><年間行事><アクセス
入園案内><採用><バスコース><卒園児の活躍><学生の皆さんへ><情報公開

Copyright© 2010 Takachiho Kindergarten All Rights Reserved.